スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Inter BEE 2010に行ってきました。

2010年11月17日から19日まで千葉は幕張メッセで開催されたInter BEE。
国内最大級の映像機材の見本市です。
IMGP0136.jpg

僕は18日に行ってきました。
幕張メッセからほど近いところに住んでいますのですぐ行けます笑

この度Inter BEEを掘り下げてレポートしていきたいと思います。
各記事へはこちらから。


【Inter BEE 2010レポート】パナソニックブースの模様
【Inter BEE 2010レポート】ソニーブースの模様
【Inter BEE 2010レポート】ステディカムブースの模様

今回、初めてInter BEEに行ってきたわけですが、ちょっくら感想を。

ここ最近で映像業界が大きく動いたと思います。それはパナソニックのAG-AF105やソニーのPMW-F3やNXCAMなどの大型素子のカメラが次々と発表されたからです。
この状況には僕自身、ちょっとホッとしています。
業界の流れがビデオカメラに回帰しつつあるのではないでしょうか。


というのはここ数年、映像業界が一眼ムービーの勢いに押されていたという状況があると思うからです。
ここしばらく、うんざりするぐらい、一眼ムービー!一眼ムービー!の時代でしたよね。

映像をやる一人として、一眼ムービーの被写界深度や映像のシャープさには正直かなり心惹かれていましたが、スチルカメラで映像を撮ることには疑問を抱いていましたし、ビデオカメラメーカーがいつか反撃すると信じていました。
そして、2010年、ついに反撃が始まったのであります。

メーカーの方に、こういう大型素子のカメラ待ってました!って言ったらすごい嬉しそうでした。
各ビデオカメラメーカーもここ数年一生懸命開発していたんでしょうね。
メーカーの技術者さんに大きな拍手を送りたいですね。




また、大きな動きとしては、3Dですかね。各ブースで3D関連の展示が目白押しでした。
3D映画はここ最近多く作られるようになりましたが、リグでの対応だったり、実写でステレオ撮影となるとハードルが高い物です。
パナソニックのAG-3DA1や、ソニーの参考出品の二眼式ショルダーカムなど、一体型も一定の需要がありますが、かなり多くのブースで、リグで2台のカメラを並べ3D撮影システムを展示している様子などを見ると、一体型だけではまだ需要が追いついていけないほどの3Dの需要があるのかなと思いました。

Ikegami製カメラを3D用に。
IMGP0259.jpg

ハイスピードカメラを3Dに。nacのHi Motion 3D。
IMGP0241.jpg



また、ここ何年か映像業界を騒がせたRED ONE。
会場では一台も発見することができませんでした…
友人も見に来ていたらしいのですが、会場に一台だけあったようです。

RED ONEの時代は終わってしまったのでしょうか…
確かにRED ONEは、4Kのデータ処理をまともにしようとしたら、ポストプロダクションがカメラに追いつけないという本末転倒なことになってしまいますしね…
インパクトは大きかったですが、反動で業界の熱も冷めてきたという感じでしょうか…
ちょっとこの時代にはオーバースペックすぎたのかもしれないですね。



IMGP0316.jpg

なんだかんだでInter BEE楽しかったです。
来年も足を運びたいと思います!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。