スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがとうウェンディーズ、

R9041317fortop.jpg

先日、ハンバーガー好きな僕を震撼させるニュースが駆け回りました。
ウェンディーズ、日本撤退。

去る2009年12月31日に、29年間にも渡る、長い歴史を持つウェンディーズが日本から撤退しました。
そこで僕は、ウェンディーズ閉店間際の大晦日の夜7時頃に、最後の食事をと思い、出掛けてきましたのでレビューします。
今回は写真をいつもよりふんだんに使って書いていきますので、ぜひご覧になって、ウェンディーズ最後の日の勇姿をご覧ください。





ウェンディーズ閉店のお知らせのプレスリリースです。
wendysoshirase.jpg

12月31日の23時に日本の公式サイトは無くなってしまいましたので、その前に保存しておいたものです。



というわけで、大晦日。ウェンディーズに向かう訳です…。
僕の近所にはウェンディーズの店舗がないため、電車に乗って向かいました。
ちなみに大晦日に電車に乗ってハンバーガーを食べにいくのは生まれてこのかた初めてです。


普段は新宿店で会議をしながら利用したりすることが多かったウェンディーズ。
そのため、馴染み深い新宿店に向かおうかと思いましたが、新宿店が激混みという話を耳にしてましたので、近場の船橋ららぽーとのウェンディーズに向かうことにしました。

しかし何を血迷ったか、どうやら南船橋とは逆の東京方面に向かってしまい、
…そういえば新浦安にも店舗あったよな…と思い出し、結局新浦安のウェンディーズに行くことにしました。
すまん、Tokyo Bayららぽーとのウェンディーズ。





そして19時頃、新浦安のウェンディーズへ到着。
R9041315.jpg

Quality is our Recipe.
R9041316.jpg

真っ赤な特徴的な看板も今日が見納め。
R9041317.jpg

赤毛が素敵なウェンディーちゃんも見納め。
R9041318.jpg


店舗内に入ってみました。やはりすでに行列が。
しかし浦安のマンション街のど真ん中ということもあり、ほとんどのお客さんがお持ち帰りで購入していくらしく、イートインしていくお客さんは少数でした。
R9041319.jpg


15分ほどの列だったでしょうか。並びながらいろいろ写真を撮ってみました。

店長のおすすめ「アツアツの『クリーミーマッシュルームチキン』いかがでしょうか?!」
R9041321.jpg

店舗スタッフお手製と見られるメニュー。
R9041320.jpg

新浦安店は20時閉店。タイムリミットまであと50分あまり。
R9041322.jpg


と、列が半分くらいきたところで、店員さんが
お肉残りわずかとなっております。なくなった場合は販売終了になります。申し訳ございません」
と。何ですとー??
閉店間際は全国的にこのような肉不足が繰り広げられたそうです。無理もないですね。
あと少し持ってくれと祈りつつ、列を待ちます。
並んでる人たちからも焦りが見え始めます。

あと少し!あと少し!
R9041323.jpg


そして、何とか肉切れを起こす前に注文することができました。
R9041324.jpg

今回注文したのはWDベーコンチーズのセット。ポテトはチリフライにしてもらいました。飲み物はジンジャーエール。
あとキャンペーンでやっていたベーコンデミグラスチーズバーガーを単品で。
もう日本では食べられないはずなので、ちょっと多いよなと思いつつも。お会計1140円也。
R9041355.jpg

ウェンディーズおなじみのチリフライ。
R9041325.jpg

ウェンディーズはオーダーを受けたあとすぐに商品が出てくるので、作り置きをしてると思われがちですが、作り置きをしないオーダーメイドなんです。
実は肉を焼き続けていることにより、注文を受けたらすぐにトッピングできるようにしているというのがミソ。
もちろん焼き続けた肉は硬くなりバーガーには向かなくなりますが、そのような肉をチリ用の肉にして廃棄を少なくするシステムだそうです。

これは非常に効率的かつ画期的でユニークなシステムですね。
チリフライはウェンディーズならではの商品だったのですが、こうした背景があったんですね。

紙コップ。ウェンディーズの紙コップはなかなか凝っていて、いいデザインでした。
R9041326.jpg

ベーコンデミグラスチーズバーガー。ウェンディーズおなじみの銀の包み紙。
R9041328.jpg

こちらはウェンディーズベーコンチーズ。
R9041327.jpg


とりあえず、新商品のベーコンデミグラスのほうから食べてみることにしました。
R9041329.jpg


とろーりチーズとベーコンとオニオンとデミグラスソースが入っているこのバーガー。
それぞれの味がなかなかマッチしていておいしかったです。
非常に濃厚なソースでした。ちょっとしょっぱいくらいでしたが。笑
深みのある味を出すポイントとして、肉料理などに使われる、ポルトガル、マディラ島の甘口ワイン「マディラ酒」を使っているそうです。
さらにウェンディーズの肉厚のパティが相まって、こってり系のバーガーです。
寒い冬にぴったりですね。

パクり。
R9041330.jpg


続いては、ウェンディーズに来るとよく頼んでいた、ウェンディーズベーコンチーズ。
ウェンディーズで毎度おなじみのバーガーです。
R9041332.jpg


と食べようとした瞬間、
「お肉の在庫が無くなりました。申し訳ありません」と店員さん。
19時26分、ついに新浦安店の肉の在庫が切れてしまいました。
しかし並んでた人たちほとんどが他のメニューを求め並びつつけていたのが印象的でした。


アナザーアングル。
R9041334.jpg


毎度おなじみウェンディーズの味。
もうこの味を味わえないと思うととても残念。
シャキシャキの野菜に四角いパティ。好きだったんだけどなぁ。


そして完食。
R9041335.jpg

ごちそうさま。
R9041338.jpg

おなかいっぱいになりました。
R9041339.jpg




もう少しで閉店。お店のシャッターが閉められはじめました。
R9041340.jpg

そろそろ帰りますか…
R9041342.jpg

閉店間際の店内の様子。別れを惜しんでか、まだ結構なお客さんがいます。
R9041345.jpg

R9041346.jpg


そして20時5分頃、店をあとにしました。シャッターを閉めたにもかかわらず、最後に駆け込みでお客さんがダラダラと流れ込んでいってました。

二度と開くことのないシャッター。お客さんがまだ並んでいるのがわかります。
R9041347.jpg

店の外には解体業者さんでしょうか、数名作業員の人がいて、閉店を待っているようでした。
すぐに看板の撤去や店舗内の解体をしてしまうのでしょうか。



外観。看板を外すのか、すでにはしごが用意されていました。
R9041349.jpg

R9041352.jpg




ウェンディーズでは、バーガーのボリュームやオーストラリア産100%のパティがおいしくて好きなハンバーガー屋さんでした。
アメリカのダイナーで食べるハンバーガーのようで、ファンも多かったと思うのですが…
本場アメリカではもちろん営業を続けているので、いざとなればアメリカで食べられますが、非常に寂しいですね。
正直、閉店までもっと通い詰めたかったってのが心残りなんですが。

ちなみにウェンディーズの営業成績は黒字だったそうです。なぜ撤退するんですか…
何だよ、なら俺が買い取るよって言いたいくらいですよ。
将来、お金持ちになったらアメリカからウェンディーズのフランチャイズ契約を買い戻したいと思います。笑

しかし一度、日本から撤退したバーガーキングは見事日本再上陸を果たしましたし、ウェンディーズもいつの日か我々のもとに帰ってくる日を願いたいですね。


日本のハンバーガー界を29年にも渡り支え続けてきたウェンディーズ。
今までお世話になりました。


ありがとう、ウェンディーズ、





おまけ。
公式サイトからとっておいた、ウェンディーズのメニューです。
ああ、もうこれらのバーガーは食べられないんですね…
wendysmenu.jpg



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウェンディーズ無くなちゃったんですねー。残念。

お腹減ってる状態でこのブログを見てたから、
思わずバーガーでも食べたくなってしまいました。。(笑
プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。