スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画鑑賞レビュー】 「ソロコンテスト」を観てきました。

solocon-1.jpg

記事を書くのが随分とあとになってしまいましたが、先日トリウッドにて観てきた二本の作品のうちの一本です。

レビューは以下から。



■ソロコンテスト 公式サイト
http://www.solo-con.jp/


この作品は、若者も挑戦しやすいように、作品や脚本ではなく、「映画の原案=プロット」を審査し、プロのスタッフの協力を得ながら映画化していくプロジェクト、「シネマプロットコンペティション」にて、下條岳さんの「ソロコンテスト」が選ばれ、映画化された作品。
下條さんは「虹色★ロケット」の主要スタッフ(撮影)でもあり、僕の高校の先輩です。


ストーリー

中学校の吹奏楽部に所属する阿部マリア(金澤美穂)は、志望する高校の推薦がかかったソロコンテストへの出場に向けて、自身のパートであるサックスの練習を重ねる日々を送っていた。そんなある日、マリアと同じサックスパートに雨水風花(三吉彩花)という転校生が入部してくる。どこか悲しげで影のある風花をマリアは練習に誘い、二人は徐々に親交を深めていった…。
ソロコンテスト出場者を決める学内選抜会の日、二人はお互いにエールを送り合い、演奏に臨む。だが選ばたのはマリアではなく風花であった。その結果に納得のいかないマリアは、風花に冷たく当たってしまい、二人の距離は広がってしまう。
選抜会落選のショックから、マリアは部活動にも顔を出さなくなる。一方の風花も自分が選ばれてしまったことによりマリアとの溝ができてしまったことに思い悩み、ソロコンテストの辞退を考える。そんな時、マリアは街でストリートミュージシャンのアンナと出会い、彼女の純粋に音楽を楽しむ姿から、自分自身の音楽との向き合い方を見つめ直すのだった…。




と、いう作品なのですが、下條さんは、虹色★ロケットで撮影をやっていた方なのですが、下條さんはそれ以前より自主映画活動をされていて、今回念願の、商業映画の監督になられました。商業映画というと多少語弊があるかもしれないですが、それ以外にいい表現が見つからなかったので・・・笑

40分と短い作品なのですが、中学生という微妙な心情の時期をうまく表現できていたと思います。
嫉妬、葛藤。ちょっと些細なことでムキになったり自分に素直になれないんですよね中学生みたいな時期は。
そしてそれを乗り越えるきっかけになる出会い、乗り越えようとする主人公。
僕の場合は壊れた人間関係は放置プレイなことが多かったので、物語の最後にちゃんと仲直りした二人は偉い!笑
しかし過去の自分と重ね合わせたりしてみると、やはり懐かしさがあり、我が中学時代を思い出すような映画でした。
いつも全力投球で部活したりして、素直に生きていた中学時代の体験が蘇るような、ああ、こんなこともあったような気がするみたいな。
そういえば中学生が主人公の映画って今考えてみればそんなに多くないですよね。
何だか観ていて気持ちがよかったです。すがすがしいというかなんと言うか。

それにキャストの演技も映画を大いに引き立てていました。
なかなか難しい役柄でもあると思うんですよ、自らそういう年代である者がそれを先ヨミ?して自分の中に取り込み、演技するということは。
表情の演技が多い映画だったのですが、よかったです表情。



この映画、トリウッドでの上映はもう終わってしまったのですが、来月9月6日に下条監督の地元東金文化会館にて上映を行うみたいです。いやーすごいですね。

今回僕がトリウッドに見に行った際には、監督と音楽の谷川賢作氏とのトークショーが予定されていましたが、監督がちょっとした所用により来られなくなってしまって、プロデューサーの方と谷川さんとのトークショーになりました。

現場に駆けつけられない監督がメールにて谷川氏に遠隔質問。
R9040751.jpg

作中の音楽や、役者さんの楽器などについてのお話が中心になりました。
音楽家の方のお話を聞くような機会が普段ないので刺激的でしたし、ああ、なるほどなぁと目から鱗のような感じでした。
谷川賢作さんは日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞されている方なので、かなりすごいお方で。
間近に話を聞けたのは本当によかったですね。


と、話がいろんなところに飛びましたが
皆さんも機会があれば「ソロコンテスト」、チェックしてみてはいかがでしょうか。


■関連記事
【映画館レビュー】 下北沢の映画館、トリウッドに行ってきました。
【映画鑑賞レビュー】 「虹色★ロケット」より、命について考える。
【ハンバーガーレビュー】 下北沢のハンバーガーショップ、Friscoに行ってきました。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。