スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

HVX200 in Cloverfield

cloverfield_ver2.jpg

2008年公開の映画、クローバーフィールド
記事書くには時期逃してる気もします・・・笑

アメリカ、ニューヨークにゴジラ?エヴァの使徒?な巨大怪物が襲来する様子を、ある一市民の視点として、全編、民生用ハンディカムで手持ちで素人が撮影したような演出の映画です。

この映画、一部シーンにて、自主映画でも多用されるパナソニックの業務用ビデオカメラAG-HVX200が使用されているんです。


詳細は以下から。


もちろんフィルム上映を前提にしたら、フレームレートの問題や画質の問題もあり、実際のハンディカメラで撮影するわけにもいかないんですね。


映画全編にわたっては、ソニーのCineAlta F23とHVX200を併用して撮影したようです。

HVX200はどこどこのシーンで使われたという、細かいところまでは不明なのですが、おそらくパーティーシーンや走るシーンなどでしょう。

人の中をくぐり抜けたり、カメラをめっちゃ振ったりするので、そういうところはHVXという感じで使い分けたのでしょうね。

HVX200inCloverfield.jpg




にしても、僕らが自主制作映画で使うようなカメラが、全国劇場公開のハリウッド大作映画で使われてるなんてすごい時代になりました。

さすがに本編全編で使ってはいませんが、僕が去年劇場で見たときは気づきませんでしたし、スクリーンで見ても耐えうる画質だったと思います。


ってか何よりハリウッドに親近感が沸きました。

なんて書いても、ハリウッド映画なんて全くの雲の上の上の存在なんですけどね。笑

しかしビデオカメラなどのテクノロジーは、自主映画もだんだんと劇場用映画の水準に近づいてきているんですね。




cloverfield011108.jpg

余談なのですが、映画上の設定だと写真のようなSDカード記録のハンディカメラで撮影したようですが

SDカード記録だと、上書きされないと思うんですが…笑

僕はてっきり映画本編が80分程度だったので、80分のminiDVテープにHDV記録のカメラの設定かと思っていました。笑

※現在はAG-HVX200は生産完了品で、AG-HVX205Aにバージョンアップされています。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。