スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業制作日記 その8 「悲しき子供」撮影3日目の覚え書き

8月2日(火)
この日は画像が多めです。
学校の所沢校舎の教室を借りての撮影です。



学校は撮影で借りられるのが10時~16時。
そんな短い時間で撮影とかキツいんです。
しかし16時には絶対に帰れるので、反面ちょっと嬉しかったりもします…


DSCN0414.jpg
高校の教室の設定です。数学…

ちなみに筆者は高校時代、数学の授業で寝すぎて、6点というミラクルな点数をとった経験があります。
6点をとっても映画はとれるんです。



P1010854.jpg
ハンディカム風なAG-AF105。手持ちでざっくりとドリーを敷く場所を探ります

この日の最初のカットはドリーを使った移動撮影です。
ドリーでのカメラワークは大体決まってるのですが、ドリーは一度敷いてしまうと、
「やっぱ違う場所から撮りたいんですけど…」
ってなったときに「めんどくせーよ!」「最初から絵を決めとけよ…」なんて声が飛んだりする可能性が高く、そして周辺のスタッフに冷ややかな目で見られること必死です。
それを避けるため最初にざっくりとしたカメラワークをこの画像のように手持ちで決めた後ドリーを準備します。
(↑冗談です)


DSCN0412.jpg
カメラの位置も決まったところでドリーを敷こう。


DSCN0419.jpg
カメラワークも決まり、ご満悦なスタッフ一同。


P1010893.jpg
照明を微調整する目黒くん。(写真中央)

窓外が飛んでしまうのを避けるため、教室内の光量をちょいと持ち上げる作戦です。


DSCN0431.jpg
高校教師役にご協力いただきました山下くん。


DSCN0447.jpg
内トラのニセJK(笑)


DSCN0425.jpg
俳優さんとエキストラさんたちを入れて確認なう。

画面の範囲内だけエキストラさんを入れて、人がたくさんいるように見せる作戦です。
作戦はどうやら目論み通り成功したようです。


P1010904.jpg
音のオンリーを録ります。背後霊がいます。

このシーンの撮影が終わったら先生の声と黒板の音を録ります。
マイクを振っているのは録音助手の川澄さん。



ドリーカットの他、数カットも撮り終え、さて次は別シーン。

DSCN0435.jpg
先ほどまでは教室に対して縦のドリーでしたが、次は教室に対して横のドリーに引きます。


DSCN0440.jpg
よっこらせっと。


DSCN0441.jpg
ワイワイガヤガヤ。


DSCN0445.jpg
照明を再セッティング中の目黒くん。フォトジェニックです。


DSCN0442.jpg
主演の荒木くん。待ちくたびれてしまったよ。


P1010918.jpg
モニター。Panasonic製のBT-LH900です。波形が見やすいモニターです。

そしてドリーカットも撮り終え、三脚に据えて撮ります。

DSCN0450.jpg


DSCN0452.jpg
現場っぽい。



そしてこの日の撮影は無事!終了!
何事も無事故が一番です。




DSCN0460.jpg
機材の積み込みをした後、スタッフで会議。



16時に終わる撮影って健康的でいいですね。
実はこのあと夜に、4日目に撮影予定の部屋撮影の照明の作り込みなんかもやってるんですが、写真がない!
まぁ撮影3日目はこんな感じです!
しかし写真が多いと編集に時間がかかるっちゃありゃせんな…

4日目に続く。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。