スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の3Dテレビのメガネが映画館で使えるようになる?3Dメガネ共通規格「M-3DI」策定

Xpand_LCD_shutter_glasses.jpg

AV Watchより - 3Dメガネ共通規格「M-3DI」策定。映画館と家庭で共用


 パナソニックとX6D Limited(XPAND 3D)は、3Dアクティブシャッターメガネの普及を目指し、3Dメガネ共通規格「M-3DI」を策定した。パナソニックやXPANDのほか、三菱や日立など10社が同規格をサポートすることで合意。4月初めよりM-3DI License Agentから同規格に基づく関連技術のライセンス提供を開始する。

 2010年より各社から3Dテレビが発売されたが、それぞれの3Dアクティブシャッターメガネとテレビの通信にはメーカー各社が独自方式を採用しており、3Dアクティブシャッターメガネの互換性が無い状態になっていた。

 今回のライセンス提供はこうした課題解決を図ることを目的にしたもの。具体的には、3Dアクティブシャッターメガネとテレビ、家庭用プロジェクタ、映画館(XPAND方式対応)との間で使用する通信プロトコルを提供。同プロトコルをサポートする3Dメガネの普及により、ユーザーはお気に入りの3Dメガネをテレビや、パソコン、プロジェクタ、映画館など様々な環境で利用できるようになる。

 まずは、赤外線通信技術を使用したものをライセンスするが、次のステップとしては無線通信技術を応用したものも検討するとしている。今回サポートを表明しているのは、以下の10社。

  • パナソニック
  • XPAND 3D
  • 長虹(Changhong Electric)
  • 船井電機
  • 海信(Hisense)
  • 日立コンシューマエレクトロニクス
  • 三菱電機
  • セイコーエプソン
  • SIM2 Multimedia
  • ViewSonic

 日立や三菱以外の国内大手テレビメーカーは参加していないが、ソニーは「3Dが始まったばかりの現状では、専用のメガネで最適な画質を提供していく方針」としている。








日本において多くの劇場で採用されているXPAND。液晶シャッター方式を採用しています。
また、最近出始めた家庭用3Dテレビもまた、この液晶シャッター方式を採用しています。

この方式を簡単に説明すると、

左目用の絵を画面に表示→メガネの左目のシャッターが開き、右目のシャッターが閉じる。

右目用の絵を画面に表示→メガネの右目のシャッターが開き、左目のシャッターが閉じる。

左目用の絵を画面に表示→メガネの左目のシャッターが開き、右目のシャッターが閉じる。

右目用の絵を画面に表示→メガネの右目のシャッターが開き、左目のシャッターが閉じる。

以下繰り返し


この左右の切り替えを144Hzという周波数、つまり一秒間に144回繰り返しています
映画は一秒間に24コマですので、一コマあたり左右3回ずつの6回の切り替えですね。

さらに上映する映写機と、メガネと、切り替えのタイミングを同期しなくてはなりません。
そのため、映写機から同期用の信号を赤外線でスクリーンに投射し、その反射した赤外線をメガネが受信する事で同期を実現しています。


これは、家庭用3Dテレビでも基本技術は同じなんです。
しかし、今までメーカー共通の規格が無かったようで、メガネの相互利用が出来なかったんです。
それができるようになるための規格を制定したってニュースですね。


いや、個人的にこれはいいニュース。
XPANDのメガネって重くて映画に集中できないったらありゃせん。
首を傾けても映像のブレがなく、綺麗な3Dで見られる点は評価できますが、あれはちょっと重過ぎ。
家庭用3Dテレビのメガネの方が幾分軽いし、使えるならマイメガネ使いたいです。
衛生的にもそっちのほうがいいしね。

多分今後、劇場側もマイメガネ持ち込み可になって、入場料金も安くなるのではないでしょうか。
家電量販店などでも液晶シャッター方式のメガネの単体販売をし始める日も近いのかも。


今現在、XPANDを導入した動員数が多い一部の映画館では、メガネの点検、清掃が劇場スタッフだけでは間に合わなく、外部の清掃業者に委託することもあるようです。
今回の規格制定は、劇場にとっても、お客さんにとっても嬉しいニュースですね。



追記
家庭用3Dテレビや3D Blu-rayは120Hzが基本のようです。
その点はこちらの記事が詳しいです。
Blu-ray 3Dのフレームレートが気になる件


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。