スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックユーモアあふれる映画『東京原発』を鑑賞しました。

福島の原子力発電所、未だ予断を許さない状況が続く毎日ですね。
過熱報道も大分落ち着いてきましたが、先日は水道水から基準値以上の放射線物質が見つかったり。
震災後2週間経ちましたが、原発の影響は未だに日本に重い影を残しています。


そんな中、レンタルショップで面白そうなタイトルのDVDを見つけたので借りてきて見ました。
東京原発』です。2004年の映画と、比較的最近のものでした。
tokyo_genpatsu01.png



簡単なストーリーとしては、役所広司演じる東京都知事が、東京に原発を誘致しよう!と発案して、
都庁の会議室で議論が繰り広げられていくってお話です。

tokyo_genpatsu02.png

これだけだと、原発推進映画みたいですが、結果としてこの映画は反原発がテーマです。
ここは詳しく書いちゃうとネタバレになりますので割愛します。



いやー、でもこの映画、結構面白かったんです。
この映画を一言で説明すると、『反原発コメディ』なんですよねこれ。

劇のほとんどが都庁の会議室で進行するワンシチュエーション。
会議室内では、原発のあれこれを説明したりする、「お勉強会的な映像」が続くんですが、
映画全編にブラックユーモアがちりばめられてて、クスりとさせるところが多かったり。

tokyo_genpatsu03.png

それに、役所広司の演説が力強くて、おお、なるほど、って変に納得しちゃったり。
エンタメとして、ブラックなユーモアとしてエネルギー問題を扱ってるんですよ。





劇中でこんなやりとりがあります。


「確かにテレビCMで言ってますよ。もう日本の電力の3分の1は原子力なんですよねぇ。」
「今さら電気のない暗黒の世界なんて想像もつかんだろ。」
「まぁー、一度停電にでもなれば、電気の有り難さが身にしみてわかるんでしょうけど。
最近は停電も無いしな。」
「うむ」
「停電にするか!とりあえず23区1時間くらい。どうなるか面白そうだなぁ!」
「一同笑い」





ブラックに感じるのは、もう身に降り掛かってきてる問題だから、よりブラックに感じるのかも。
劇中では笑いながら冗談半分に言ってますが、もはや計画停電により現実となってしまいましたね…

ここ最近節電しながら生活してると、何も考えずに使っていた電気の有り難みが身にしみてわかります。
東京23区でも計画停電が実施されるとかされないとか。
さらに数年規模の停電になるかもしれないとのことで。


今現在、何かとエネルギーに関して関心を持たざるを得ない状況なので、原発について、今後のエネルギー政策について、政治家や東電だけではなく、国民が議論に参加していくべきだと思います。
「原発はもうやめよう。やっぱり怖いもの。」っていう意見も出るでしょう。
「いや、やっぱり関東のエネルギーまかなうには原発必要だよね。」っていう意見も出るでしょう。
多分どっちが正しいとかは無いんですが、問題に関心を持つことが重要なのだと思います。

この映画の中でも言ってましたが、国の政策を傍観してるということは賛成してるのと同じこと。
我々が関心を持つことが、原発を考える第一歩では無いでしょうか。



この映画は、原発の予備知識を深められる映画なので、この度に一度見ておいて損は無いと思います。
しかしこの映画の批評をウェブ界隈でちらっと見ましたが、誇張表現がないわけでもないよう。
映画として、エンタメとして、気楽に見るのがよろしいかと思われます。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。