スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

AG-DVX100A

今日は僕の使用機材の紹介しようかと思います。

AG-DVX100A。パナソニックの名機です。
DVX100A_01


今では後継の100Bが出てきています。

AG-DVX100B製品紹介
http://panasonic.biz/sav/camera/ag-dvx100b/ag-dvx100b.html




僕は大学一年の五月に購入して、ずっと愛用しています。

中古で購入して駆使してきましたから、見た目はご覧の通り、もうボロボロ笑

DVX100A_02



今巷では地デジ化により、HDが主流になりつつありますが、自主映画はHDの波にまだ追いつけてないのが現状です。

自主映画は、とりあえずPCの性能アップにより、HD映像の編集は問題なくできるんです。

また、カメラ自体も大分値下がりしてて、HDの業務用だと中古で20万ほどで手に入るようです。安い!

ただ、最後の難関、上映という壁が厚い。つまりどういうことかというと、HD上映設備が用意できない。


どっかの映画館借りて上映するならまだしも、人集めて適当に上映する自主映画だと適当なプロジェクターで上映しちゃうわけであり、まぁHDで撮影してもSDにダウンコンバートしちゃうんです。

僕の友人も何人かHD業務用カメラを持ってるんですが、SDダウンコンして上映しています。

かの有名な「ぴあフィルムフェスティバル」もSDのDVテープでの提出になっています。


というわけで、まぁ当分SD画質のカメラでもやっていけるだろう!ってことで、このカメラを購入したわけであります。僕としては大正解でした。




なぜこのDVXというカメラがいいのか。

なぜなら今では当たり前となった、数々の機能が搭載されてる画期的なカメラなんです。



まず、24コマプログレッシブ撮影機能。

映画はフィルムが秒24コマで撮影・上映するのですが、ビデオは秒30コマ。

フィルムとビデオのコマ数が違うのは、ビデオはコマ送り方式ではなく、数百本の線をならべて表示して、次々とその線を切り替えて表示しているからです。これをインターレースといいます。

それに対し1コマ1コマ、コマ送りしていくのがプログレッシブといいます。

そしてプログレッシブ映像を24コマで記録することを、24Pといいます。

その当時、シネアルタやバリカムといった、24Pでビデオ撮影する超ハイエンドカメラはあったのですが、このクラスのカメラで24P機能が初搭載されました。

Dsc01901_Full.jpg Varicam1.jpg
左:Sony HDW-F900 Cine Alta 右:Panasonic AJ-HDC27H Varicam




そして、シネライクガンマの搭載。

ビデオで撮影すると、色を主張しすぎなパリっとした絵になって、なーんか微妙だったんです。

しかし、このカメラはガンマカーブをシネライクに設定することにより、ナチュラルなトーンにしてくれます。

24Pとシネライクガンマを合わせて使用すると、映画ライクな映像表現を可能にします。


画像で説明すると、こんな感じです。

画像はAG-HVX200/DVX100A/DVC30 Fan Siteよりお借りしました。
dvx100_nn00.jpg
通常のビデオの設定で撮ったもの。色の主張が強く、インターレース収録なのでシャギが出ています。通常インターレースのシャギはTV上では出ませんが、PC環境などで見るとこのようにシャギが出ます。


dvx100_cc00.jpg
こちらはシネライクガンマ+プログレッシブ収録のもの。色がナチュラルになり、プログレッシブのためシャギも出ていない。ディティールも細やか。









一通り、このカメラは僕が必要なところはおさえてあります。100Aだとスクイーズ収録のときに画面が縦伸びするのは唯一いただけないが、まぁそれくらいか。

設定の中のコントラスト重視のシネガンマは秀逸すぎです。

まぁその他にもいろいろと使いやすい機能が搭載されていて、本当に使いやすい。




開発スタッフもこのカメラにかけて全力を注いだようで、そのときのことを綴った奮闘記がパナソニック公式サイトにあります。

熱志のレゾナンス ~デジタルビデオカメラDVX100~
http://panasonic.co.jp/ism/dvx100/index.html


このカメラは主に自主映画をやる人たちや、放送業界などで結構売れたみたいです。

僕も買ったカメラ。いやー高校時代から映像やってましたが、憧れでしたからね笑

ちなみにこのカメラ、今では新品で20万円ほどで買えるようです。安くなりましたね。



まぁ時代の流れもありますから、いつDVXを手放してHDカメラを買うかわかりませんが、大切に使って行きたいカメラです。

まだ未確認ですが、このカメラで収録したSD画質の映像をHDにアップコンバートしても結構キレイなようです。

アップコンバートでそれなりな画質が出るならそれで十分なのかもしれないですね笑



今、海外のRED ONEという4K画質で撮影できるカメラが熱いですが、パナソニックさんも負けずに!いいカメラを開発していってほしいです。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。