スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中から日本へのメッセージ。#prayforjapan - 312

東日本大震災の復興への祈りを込めたミュージックビデオが非常に秀逸なので紹介します。
Music Video of "Pray for Japan"って言った方がしっくりきますかね。

#prayforjapan - 312 (a song dedicated to all the victims of east Japan great earthquake)



この動画、節電を考慮してカメラ、照明を使わずPCのみで仕上げてるという徹底ぶり。
ちょっとこれはすごいですね。
このたくさん写真を並べる効果どうやってやるんでしょう。


音楽はクラムボンというバンドのベース、ギターのミトの『312』
被災した方々に応援を、何かしなきゃっと思い、作曲したそうです。

312 (a song dedicated to all the victims of east Japan great earthquake)


こちらからミト氏のインタビュー記事が読めます。

さらにこの曲は、音楽配信サービスの「OTOTOY」で配信中です。
500円で配信していて、その全額が日本赤十字社を通して寄付されます。
OTOTOYの手数料を免除してもらって100%全額寄付が実現したようです。

配信ページはこちら。
[ototoy] ミト - 312(a song dedicated to all the victims of east Japan great earthquake) -

ちなみにこの動画は音楽を使うにあたって、アーティストさんからちゃんと許可を頂いてるそうです。



この動画を作った人、音楽のミト氏、そして世界中の人々。
みんなそれぞれに自分の出来る限りのことをしているのがこの動画から伝わってきて感動。
ちょっと僕も見習わねば。自分にも何かできることがあるはず。


4月1日追記

この動画が、映像カルチャーのウェブマガジン「White-screen」に紹介されていました。
white-screen.jp
whitescreen_312.jpg
ちょっと画像大げさすぎた。
僕のブログはPhotoshopの練習も兼ねてるんです。


ウェブ動画って本当、どんどん広がっていくんだなってことを実感しました。
僕も何か映像でできることがあれば、と模索中。頑張ります。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の3Dテレビのメガネが映画館で使えるようになる?3Dメガネ共通規格「M-3DI」策定

Xpand_LCD_shutter_glasses.jpg

AV Watchより - 3Dメガネ共通規格「M-3DI」策定。映画館と家庭で共用


 パナソニックとX6D Limited(XPAND 3D)は、3Dアクティブシャッターメガネの普及を目指し、3Dメガネ共通規格「M-3DI」を策定した。パナソニックやXPANDのほか、三菱や日立など10社が同規格をサポートすることで合意。4月初めよりM-3DI License Agentから同規格に基づく関連技術のライセンス提供を開始する。

 2010年より各社から3Dテレビが発売されたが、それぞれの3Dアクティブシャッターメガネとテレビの通信にはメーカー各社が独自方式を採用しており、3Dアクティブシャッターメガネの互換性が無い状態になっていた。

 今回のライセンス提供はこうした課題解決を図ることを目的にしたもの。具体的には、3Dアクティブシャッターメガネとテレビ、家庭用プロジェクタ、映画館(XPAND方式対応)との間で使用する通信プロトコルを提供。同プロトコルをサポートする3Dメガネの普及により、ユーザーはお気に入りの3Dメガネをテレビや、パソコン、プロジェクタ、映画館など様々な環境で利用できるようになる。

 まずは、赤外線通信技術を使用したものをライセンスするが、次のステップとしては無線通信技術を応用したものも検討するとしている。今回サポートを表明しているのは、以下の10社。

  • パナソニック
  • XPAND 3D
  • 長虹(Changhong Electric)
  • 船井電機
  • 海信(Hisense)
  • 日立コンシューマエレクトロニクス
  • 三菱電機
  • セイコーエプソン
  • SIM2 Multimedia
  • ViewSonic

 日立や三菱以外の国内大手テレビメーカーは参加していないが、ソニーは「3Dが始まったばかりの現状では、専用のメガネで最適な画質を提供していく方針」としている。








日本において多くの劇場で採用されているXPAND。液晶シャッター方式を採用しています。
また、最近出始めた家庭用3Dテレビもまた、この液晶シャッター方式を採用しています。

この方式を簡単に説明すると、

左目用の絵を画面に表示→メガネの左目のシャッターが開き、右目のシャッターが閉じる。

右目用の絵を画面に表示→メガネの右目のシャッターが開き、左目のシャッターが閉じる。

左目用の絵を画面に表示→メガネの左目のシャッターが開き、右目のシャッターが閉じる。

右目用の絵を画面に表示→メガネの右目のシャッターが開き、左目のシャッターが閉じる。

以下繰り返し


この左右の切り替えを144Hzという周波数、つまり一秒間に144回繰り返しています
映画は一秒間に24コマですので、一コマあたり左右3回ずつの6回の切り替えですね。

さらに上映する映写機と、メガネと、切り替えのタイミングを同期しなくてはなりません。
そのため、映写機から同期用の信号を赤外線でスクリーンに投射し、その反射した赤外線をメガネが受信する事で同期を実現しています。


これは、家庭用3Dテレビでも基本技術は同じなんです。
しかし、今までメーカー共通の規格が無かったようで、メガネの相互利用が出来なかったんです。
それができるようになるための規格を制定したってニュースですね。


いや、個人的にこれはいいニュース。
XPANDのメガネって重くて映画に集中できないったらありゃせん。
首を傾けても映像のブレがなく、綺麗な3Dで見られる点は評価できますが、あれはちょっと重過ぎ。
家庭用3Dテレビのメガネの方が幾分軽いし、使えるならマイメガネ使いたいです。
衛生的にもそっちのほうがいいしね。

多分今後、劇場側もマイメガネ持ち込み可になって、入場料金も安くなるのではないでしょうか。
家電量販店などでも液晶シャッター方式のメガネの単体販売をし始める日も近いのかも。


今現在、XPANDを導入した動員数が多い一部の映画館では、メガネの点検、清掃が劇場スタッフだけでは間に合わなく、外部の清掃業者に委託することもあるようです。
今回の規格制定は、劇場にとっても、お客さんにとっても嬉しいニュースですね。



追記
家庭用3Dテレビや3D Blu-rayは120Hzが基本のようです。
その点はこちらの記事が詳しいです。
Blu-ray 3Dのフレームレートが気になる件


このエントリーをはてなブックマークに追加

SONY NEX-FS100とPanasonic AG-AF105を比較してみた

fs100.jpg
発表からもう一週間近く経ってしまいましたが…
SONYから、NEX-FS100が発表されました。
NEX-FS100は、Super35相当のCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式カメラです。
レンズはEマウントを採用し、2011年度第2四半期発売予定。レンズキットのNEX-FS100JKが690,900円、本体ボディのみのNEX-FS100Jが627,900円。
価格帯をみても明らかにPanaosnicのAG-AF105と真っ向から勝負をかけてきてる感じです。
Inter Bee 2010でモックアップが参考展示されていましたが、大幅にデザインを変わっています。



Inter Bee 2010で公開されたNEXCAMカムコーダー。
IMGP0194.jpg

IMGP0196.jpg

当時の記事はこちら。
【Inter BEE 2010レポート】ソニーブースの模様

プロモーション動画もありました。
NEX-FS100(NXCAM Super 35mm Sensor Camcorder)



では、対抗馬のAG-AF105との比較をしてみましょう。
Panasonic AG-AF105Sony NEX-FS100
発売日2010年12月2011年度第2四半期発売予定
価格837,900円(ボディのみ)627,900円(ボディのみ)
撮像素子4/3型MOS固体撮像素子単板
(原色カラーフィルター)
スーパー35mm相当単板
(Exmor Super35 CMOSセンサー)
画素数有効画素: 約 1240万画素 単板(16:9)総画素数:約353万画素
動画有効画素:約337万画素(16:9)
LCDモニタ3.45型ワイド液晶カラーモニタ-(約92万ドット)3.5型(16:9)約92.1万ドット
ビューファインダ0.45型ワイド液晶カラーモニター(約122万ドット相当)LCDモニタをアイカップにて
レンズマウントマイクロフォーサーズシステム・レンズマウントEマウント
NDフィルター1: 内蔵、2: 1/4ND、
3: 1/16ND、4: 1/64ND
なし
記録規格AVCHD規格準拠(MPEG-4 AVC/H.264)HD:MPEG 4 AVC/H.264 AVCHD規格
(1080/60pは独自規格)
SD:MPEG 2 PS
転送レートPHモード: 約21 Mbps(VBR)
HAモード: 約17 Mbps(VBR)
HEモード: 約6 Mbps(VBR)
PS…最大28Mbps
FX…最大24Mbps
FH…約17Mbps(平均)
HQ…約9Mbps(平均) 
LP…約5Mbps(平均)
記録フォーマットPHモード: 1080/59.94i、29.97p、23.98p、
720/59.94p、29.97p、23.98p
HA/HEモード: 1080/59.94i
PS…1080/60p
FX…1080/60i、30p、24p、1280×720/60p
FH…1080/60i、30p、24p、1280×720/60p
HQ…1440×1080/60i
LP…1440×1080/60i
音声記録PHモード: Dolby Digital/リニアPCM切替、2ch
HA/HEモード: Dolby Digital、2ch
リニアPCM 2ch(48kHz 16bit)HD画質のみ
ドルビーデジタル2ch(48kHz 16bit)
バリアブルフレームレート12コマ~60コマなし
ビデオ出力HD-SDI×1、HDMI×1、RCAピンジャックHDMI、コンポーネント(ミニD端子)、ビデオ出力(ピンジャック)
オーディオ出力XLR3ピン×2XLR3ピン×2
記録メディアSD/SDHC/SDXCメモリーカード
※PH、HAモード記録はClass4以上。
VFR機能はClass6以上で使用可能。
メモリースティックPROデュオ
PRO-HGデュオ
PRO-HGデュオHX
※1GB以上推奨
SD/SDHC/SDXCカード
※Class4以上
重量約1.6 kg(バッテリーおよび付属品を除く)本体重量約1.04kg、
撮影時総重量 約2.66kg




AG-AF105はレンズキットが販売されていませんので、ボディのみでの比較しました。
価格に大きく差がありますが、現時点でAF105の実売価格は50万台後半です。
FS100の実売価格が幾らくらいになるかわかりませんが、ほぼ同価格になるかと思われます。

大きな差としては、HD-SDIの有無が大きいでしょうか。
そのかわり、HDMIで4:2:2出力ができるそうです。
NDフィルターが無いのもちょっと残念。

あとは、記録方式。
AF105は1080/60i記録までですが、FS100は独自規格の1080/60pを搭載
ビットレートもFS100の28Mbpsの圧勝です。
しかしAG-AF105はVFRを使用することにより、24/30pで60コマまで使用できます。

AG-AF105は、あくまでもAVCHDの規格に則って設計されているのに対して、
NEX-FS100はAVCHDの独自規格でスペックアップを図り、攻めてきています。



画質的にはNEX-FS100の勝ちかもですが、AF105のほうがまだポテンシャルの幅が広そうです。
ほぼ互角といったところなのかもしれませんが、NEX-FS100はちょっと惜しいです。
PMW-F3の弟分というより、NEX-VG10の兄貴分といったカメラというのが率直な感想です。
でもカメラデザインは結構好きかなぁ。

こちらのサイトが大変参考になりますので、併せてどうぞ。
raitank blog - 思っていたより早く登場した SONY NEX-FS100



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックユーモアあふれる映画『東京原発』を鑑賞しました。

福島の原子力発電所、未だ予断を許さない状況が続く毎日ですね。
過熱報道も大分落ち着いてきましたが、先日は水道水から基準値以上の放射線物質が見つかったり。
震災後2週間経ちましたが、原発の影響は未だに日本に重い影を残しています。


そんな中、レンタルショップで面白そうなタイトルのDVDを見つけたので借りてきて見ました。
東京原発』です。2004年の映画と、比較的最近のものでした。
tokyo_genpatsu01.png



簡単なストーリーとしては、役所広司演じる東京都知事が、東京に原発を誘致しよう!と発案して、
都庁の会議室で議論が繰り広げられていくってお話です。

tokyo_genpatsu02.png

これだけだと、原発推進映画みたいですが、結果としてこの映画は反原発がテーマです。
ここは詳しく書いちゃうとネタバレになりますので割愛します。



いやー、でもこの映画、結構面白かったんです。
この映画を一言で説明すると、『反原発コメディ』なんですよねこれ。

劇のほとんどが都庁の会議室で進行するワンシチュエーション。
会議室内では、原発のあれこれを説明したりする、「お勉強会的な映像」が続くんですが、
映画全編にブラックユーモアがちりばめられてて、クスりとさせるところが多かったり。

tokyo_genpatsu03.png

それに、役所広司の演説が力強くて、おお、なるほど、って変に納得しちゃったり。
エンタメとして、ブラックなユーモアとしてエネルギー問題を扱ってるんですよ。





劇中でこんなやりとりがあります。


「確かにテレビCMで言ってますよ。もう日本の電力の3分の1は原子力なんですよねぇ。」
「今さら電気のない暗黒の世界なんて想像もつかんだろ。」
「まぁー、一度停電にでもなれば、電気の有り難さが身にしみてわかるんでしょうけど。
最近は停電も無いしな。」
「うむ」
「停電にするか!とりあえず23区1時間くらい。どうなるか面白そうだなぁ!」
「一同笑い」





ブラックに感じるのは、もう身に降り掛かってきてる問題だから、よりブラックに感じるのかも。
劇中では笑いながら冗談半分に言ってますが、もはや計画停電により現実となってしまいましたね…

ここ最近節電しながら生活してると、何も考えずに使っていた電気の有り難みが身にしみてわかります。
東京23区でも計画停電が実施されるとかされないとか。
さらに数年規模の停電になるかもしれないとのことで。


今現在、何かとエネルギーに関して関心を持たざるを得ない状況なので、原発について、今後のエネルギー政策について、政治家や東電だけではなく、国民が議論に参加していくべきだと思います。
「原発はもうやめよう。やっぱり怖いもの。」っていう意見も出るでしょう。
「いや、やっぱり関東のエネルギーまかなうには原発必要だよね。」っていう意見も出るでしょう。
多分どっちが正しいとかは無いんですが、問題に関心を持つことが重要なのだと思います。

この映画の中でも言ってましたが、国の政策を傍観してるということは賛成してるのと同じこと。
我々が関心を持つことが、原発を考える第一歩では無いでしょうか。



この映画は、原発の予備知識を深められる映画なので、この度に一度見ておいて損は無いと思います。
しかしこの映画の批評をウェブ界隈でちらっと見ましたが、誇張表現がないわけでもないよう。
映画として、エンタメとして、気楽に見るのがよろしいかと思われます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台演劇の撮影をしてきました

昨日は都内某所で舞台演劇の撮影をしてきました。
地震発生以来、バイト先もずっと休業で、長らく暇してましたが久々のお仕事。
大学の友達とも再会。都内に出るのはできるだけ避けたいのでなかなか会えないもんです。

IMG_0608.jpg

カメラはHVX200とDVXを2台とソニーのハンディカムの4台体制で撮影。
寄りの絵をHVXとDVXで会場の左右から狙い、バストサイズ~フルくらいをDVXで。
引きの絵をハンディカムの固定カメラで撮りました。僕はバスト~フル担当。

IMG_0610.jpg
上演前にパシャリ。


miniDVにての収録でしたが、DVの出番は今後あるのかなぁ?
USTREAMなどでDVカメラの需要がある程度あるみたいなので、
今のうちにDVXを売りに出そうかななんて考えたり。
卒業制作をDVXで撮るわけにもいかないので、ちょっと悩みものです。
やはりAG-AF105が欲しいですなぁ。
Sony F3はあのレベルの業務用カメラとしては低価格とはいえ、学生には手が届かないもので。

ちなみに久々の撮影ということと、会場のキャパが狭くて無理な体勢で長時間撮影してたので腰が痛い
歳かのう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

新浦安の液状化の瞬間を捕らえた映像

新浦安のセブンイレブン明海店前の液状化の瞬間を捕らえた映像がありましたので紹介します。

地面がミシミシ鳴ってるところから映像が始まりますが、至る所でミシミシ鳴ってるので逃げようにも逃げられない人々はもうパニック状態。
そんな状態をそのまんま映し出されていて本当に怖い映像です。

2011.03.11 earthquake urayasu chiba Japan 東北地方太平洋沖地震




その後、セブンイレブン明海店は砂に埋もれてしまったようです。
画像は新浦安NAVIGATORより転載しました。


e19.jpg

e20.jpg

e21.jpg

こちらのこの画像は
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51761796.html
より転載。

c238cfb6.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加

ZOZOTOWNの災害支援チャリティTシャツを購入してみました。

zozot01.png

東北地方太平洋沖地震災害支援プロジェクト ZOZOTOWNチャリティーTシャツ販売

ファッション通販サイトのZOZOTOWNが、東北地方太平洋沖地震災害支援プロジェクトとして、
チャリティTシャツを販売しています。販売価格は2100円(税込み)。
そのうち2000円が日本赤十字社などを通じ、被害を受けた地域に送られるとのこと。
製造原価や送料、手数料などはZOZOTOWN負担とのこと!これはすごい。



しかし正直、Tシャツなんて買うより直で募金したほうが合理的じゃないか?なんて思ったりもしたんですが、やはりカタチに残るってことが重要なのかも。

現在、各地で募金や寄付などが盛んに行われていますが、しばらくしたらそういう活動って収束していくと思うんですよ。
被災地はいつかは支援無しで立ち直らなければならないので、それはそれで仕方ないのですが、
それと同時に、人々の記憶からこの震災のことが忘れられていったら悲しいですよね。
だからこのようなカタチに残る寄付っていいのかも、って思いました。



というわけで、グリーンを注文。

zozot02.png


到着は4月から5月とのこと。ちょうどTシャツが活躍し出す季節の到着だからちょうどいいのかも。
ちなみに、このプロジェクトで購入されたTシャツは3月20日現在で約11.5万枚!
金額にしておよそ2億3千万円です。すごい。
到着が楽しみですね。




ちなみに今回、とある方のブログを読んでこのプロジェクトの存在を知りました。
同じように僕のブログを見て、見た方の行動に繋がれば…と思い、この記事を書きました。
このブログ、普段一日30~40アクセスくらいなんですけどね…笑

しかし最近アクセスが急上昇。一日100アクセス以上とか、僕のブログでは考えられないアクセス数!
どうやら海浜幕張の液状化についてのエントリーがGoogleのキーワードに引っかかってるみたい。
当記事もたくさんの方に見ていただけることを祈ります!

東北地方太平洋沖地震災害支援プロジェクト ZOZOTOWNチャリティーTシャツ販売


このエントリーをはてなブックマークに追加

ACジャパン(旧・公共広告機構) CM集

accm_thumbnail.jpg


東北関東大震災の影響で、地上波の民放放送において各社コマーシャルが相次いで自粛しています。
今現在はその穴埋めに、AC 公共広告機構のCMを流していますが、何度も同じのが流れるもんで、
正直見飽きた感があり、またかよ…ってうんざりしちゃいますよね…


ACジャパンのほうには、結構苦情が行ってるようで、「エーシー♪」の音声が耳障りとの苦情も。
刃物を持って押し掛けるぞ、との脅迫まがいな電話もかかってきたようで…
ACが一種の社会現象にもなってきています。


でも、公共広告機構のCM作品って昔から結構好きで、名作も多いんですよ。
ACのCM飽きた!って人はちょっと過去の作品でも見て落ち着いてみませんか?

というわけで、この度公共広告機構のCMをまとめてみました。
iPhoneで視聴できるよう直リンクを追加し、好評のようなので少しCM増やしてみました。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大地震おいて。海浜幕張の液状化の状況、画像など。

皆さんご無事でしょうか?

僕は千葉県在住なのですが、千葉は関東の中でも結構揺れたそうです。
千葉は震度6弱ほどだったそうで、大丈夫かと友人から連絡をいくつか頂きました。


当時朝方9時くらいまで映画を見ていまして、ちょうど寝ていました。
で、突然の揺れで飛び起きて、結構大きい揺れだぞと思った矢先、大きな揺れが。


こちらは地震直後の僕の部屋です。
IMG_0585.jpg

棚のものが多く落ちて棚にあった鏡などが割れました。


画面右奥の本棚ですが、地震対策をしていました。写真は片付け後です。
IMGP0385.jpg

これが無かったらベッドに向かって棚が倒れてきて下敷きになっていたのかも、と思うと怖いです…


自宅ではこの他にも地震の影響で壁が歪んで壁紙がはがれてしまったりしました。
IMGP0388.jpg

IMGP0390.jpg


また、地震当日は、仕事をしていた親も早上がりになり、JRが動いていないため、徒歩で帰宅してきました。
仕事先の方も家が遠いという事で、一緒に徒歩で帰宅し、うちに泊まりました。
地震当日はまだ余震も多く、あまり寝られませんでした。






で、少々落ち着いた翌日に、海浜幕張駅前が液状化の被害が結構あるとのことで、
買い物帰りに行ってきました。夕方に出掛けたので少々暗いですが…



駅前広場はもう復旧作業をしていました。
IMGP0365.jpg

IMGP0363.jpg

液状化で大量の泥が噴出したらしく、放水車で水をまいたり、土砂を除去する作業が始まっていました。


また、駅前のコーヒーショップはこのように。
IMGP0364.jpg

別のコーヒーショップ。
IMGP0368.jpg

建物自体は基礎をしっかり打ち込んでいるためか動いていないようなのですが、
建物の周りの歩道の地盤が落ち込んだような感じでした。
映画館が入るこの駅前のモールは建物全体で営業停止していました。



海浜幕張駅のコンコース前です。
IMGP0374.jpg

画像ではわかりにくいかもしれませんが、こちらも歩道が落ち込んでしまっているようです。



JR京葉線は、非常に本数が少なくなっており、なおかつ速度を落として運転しているようです。
駅構内は非常に閑散とした状況に。
IMGP0369.jpg




幕張メッセ側の出口すぐ前にあるアウトレットモール。
IMGP0371.jpg

画像は少々暗いですが、土砂が多く残る状況です。



こちらは駅前から少々離れた歩道です。

点字ブロックが完全に盛り上がってしまっています。
IMGP0379.jpg

マンホールも持ち上がってしまうほど。
IMGP0380.jpg



また、街全体が泥まみれなので、粉塵がすごかったです。
このようにスモッグがかかったようになっていました。
IMGP0378.jpg

マスクせずに行ったのですが、液状化した地域に行く際はちょっとマスクが必要です。









未だに余震が多く、油断できない状況です。
ちょっと大きい余震が来るとまだちょっと怖いですね。

皆さん、情報には気をかけて、お過ごしください。
被災地の方々のご無事を祈ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

日芸の映像サークルについて

先日、3月2日にこんなコメントがありました。
管理人にしか見られない「非公開」にてご連絡頂きましたが、返信先が無かったため記事にて返答をいたします。
仮にも非公開コメントなので、要点のみ。


来年度他大学に入学予定の高校生ですが、日芸には映画サークルはありますか?
また、他大学からでも日芸のサークルに参加できますか?



とのこと。

日芸には様々な映像サークルがあります。
各サークルごとにそれぞれ色があり、実験映像系のサークルや、バラエティ系映像を作るサークルもあります。
もちろん映画制作専門のサークルもあります。

・実験映像系のサークルがなんと言う名前のサークルなのか
・バラエティ系の映像を作るのはなんと言うサークルか
という各々のサークル名をこの場で挙げる事はできないのですが…
(うちは実験映像系じゃねぇよ!勝手にジャンル分けするな!なんて、サークルの方に言われたら、ごもっともなので…。)

僕も、自分の所属サークル以外がどんな活動をしているかなんて、正直あまりわからないものです…。



他大学の方でも日芸のサークルの作品に関わった例は今まででありました。

他大学の方が参加するのは、主に撮影からが多かったと思います。
今の時代、facebookやtwitterなどで、日芸の人に、
作品を一緒に作りたい。
と言えば簡単にコンタクト取れると思うので、思い切って連絡してみては如何?
もちろん僕を橋渡しにしてもらっても大丈夫です!

また、5月に学園祭をやるので、そちらに来ていただいたら各サークルの方と直接お話ができると思いますよ。



…と、結構真面目に回答してみた。
このブログを初めてもう何気に3年目なんですが、おかげさまで結構外部の方と関われました。
3年経ってもいだまに小規模ブログですが、やっぱりやっててよかったです。

友人に、あの記事面白かったと言われるのも嬉しいですが、
やはり、今まで繋がりも無かったような方と繋がれたときが一番嬉しいものです。
最近はtwitterに浮気気味で記事更新がほとんどされていませんが…笑
あ、ちょびちょび呟いてるのでフォローしてみてください。笑



今は機材も安く高性能で、映画制作のハードルというのは結構低くなってきたんではないでしょうか。
また、twitterやmixi、facebookなどのSNSなどで結構様々な人と繋がれるようになってきた。
僕が撮影をしました、「911の子どもたちへ」も、ウェブで集まったスタッフがほとんどでした。

ちなみに大学入学当初に僕が買ったAG-DVX100Aは、購入時は結構なお値段だったのですが、
今は半値以下になってて凹みます。笑
いや、デジタル機材は移り変わり激しいな!


そんな僕は来年度の卒業制作の企画に絶賛悩み中。
アウトラインは決まってるんだがなぁ…
しかしなんとかしていいものに仕上げるぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

根本ヒサシ

Author:根本ヒサシ

映像技術を勉強中の学生。
日本大学芸術学部の映画学科在籍。
コツコツとチマチマとやっています。

詳細なプロフィールはこちら

学生ドキュメンタリ映画
『911の子どもたちへ』 撮影
http://911children.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
広告
Twitter

ギズモード・ジャパン公認ブロガー特派員
FC2カウンター
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。